SORAZINEは、世界中のヒトとモノをつなげ共鳴する社会をビジョンに掲げるIoTプラットフォーム SORACOMのメディアです。

日本発IoTスタートアップ ソラコムの「今」をお伝えします

Wi-FiでもSORACOMのサービスを使いたい~SORACOM Inventoryで社用スマホ管理ツールをつくってみた~

ソラコムでインターンをしているmarinです。

SORACOMのモバイルデータ通信&サービスは便利だけど、用途によってはWi-Fiが使いたい...という場面もあります。
「SORACOM=モバイルデータ通信」のイメージが強いと思いますが、SORACOM Inventoryというデバイス管理サービスを利用することで、Wi-FiでもBeam / Funnel / Funk / Harvest / LagoonといったSORACOMのサービスを利用できます。

この記事では、Wi-FiでSORACOMのサービスを使う一例として、社用スマホ管理ツールをつくってみたので紹介します。

実装概要

  1. Android端末にSORACOMのSIMを入れて管理用アプリをインストール
    (最初だけモバイルデータ通信を使います^^; SORACOMのSIMを使うことによって、デバイスに認証用の鍵を置く必要がありません。 また、この管理用アプリはInventoryのAgentが動作しており、Androidのデバイス管理者権限を持っています。)

    f:id:mm-1107:20190905105159p:plain

  2. 位置情報・バッテリーをSORACOM Lagoonで可視化し、無許可のアプリがあれば管理用アプリにアンインストールさせて管理者に通知

    f:id:mm-1107:20190911105836p:plain
    この監視システムではInventory用のAPIをコールすることで、デバイスの情報を取得したりアプリのアンインストールを実行させたりしています。

Lagoonによるバッテリー・位置情報の可視化

左側がバッテリー、右側が位置情報です。

f:id:mm-1107:20190911111730p:plain

無許可アプリの遠隔アンインストール

f:id:mm-1107:20190910103021p:plain

管理者へのSlack通知

f:id:mm-1107:20190904165905p:plain

すべて実装するには、約10日かかりました。
Inventoryの詳しい使い方についてはこちらをご覧ください。

つくってみて

久しぶりのAndroidアプリ開発は楽しかったです!
今回はアプリの遠隔アンインストールを実装しましたが、他にもWi-FiのSSIDの監視や、画面のロックなど色々拡張できるなと思いました。

SORACOMのSIMカードとAndroid端末があれば、ハードウェアを触ったことがない方でもSORACOMのサービスを気軽に使えるので、ぜひ試してみてくださいね!