SORAZINEは、世界中のヒトとモノをつなげ共鳴する社会をビジョンに掲げるIoTプラットフォーム SORACOMのメディアです。

日本発IoTスタートアップ ソラコムの「今」をお伝えします

《Discovery 2019》実際体験ができる ハンズオンコーナーのご紹介

 皆さんこんにちは、ソラコムnaoです。

SORACOM Discovery 2019 まで、残り2週間となりました。皆さん見るべきセッションは既に決めましたか?

Discoveryでは、セッションももちろん盛りだくさんですが、展示スペースも様々なアトラクションをご用意してます。

今回はその中の一つ、SORACOM を体験できるハンズオンについてご紹介します。

SORACOM を体験できるハンズオンコーナー

ハンズオンコーナーでは、3種類のハンズオンをご用意してます。今回は、昨年までの皆様からのフィードバックを元になんと当日発表する新発表🌟の内容も体験できるハンズオンがあります。

そのため詳しいハンズオンの内容は当日、ハンズオンブースでご確認ください。

1. Wio LTE と温湿度センサーを使いSORACOM Harvest, SORACOM Lagoonでデータを可視化しよう

LTEモジュールが搭載されたWio LTEと、Groveの超音波センサーを使い、SORACOMを経由してセンシングデータをSORACOM Harvestに蓄積します。センシングした温湿度センサーのデータを、SORACOM Lagoonを使って可視化します。

このハンズオンに参加する方の持ち物

  • PC(外部wifi利用可能、最新のGoogle Chromeあり、USB Type-A ポートあり)
  • クレジットカード
  • 当日使うPCで受信可能なメールアドレス(アカウント作成のためにメールアドレス認証が必要です)

f:id:soranaocom:20190618081018p:plain

 2. SORACOM LTE-M Button を使ってSORACOM Harvestに連携しよう

SORACOM LTE-M Button for Enterprise クリックした情報をHarvestに連携し、SORACOM Lagoon を使ってデータを簡単なダッシュボードで可視化いただきます。

このハンズオンに参加する方の持ち物

  • PC(外部wifi利用可能、最新のGoogle Chromeあり)
f:id:soranaocom:20190618080822j:plain
3. 新サービス体験ハンズオン

SORACOMの新サービスを体験いただくハンズオンコンテンツです。

このハンズオンに参加する方の持ち物

  • PC(外部wifi利用可能、最新のGoogle Chromeあり、SSH クライアントが入っていること TeraTerm(Windows), Terminal.app(macOS) 等)
  • クレジットカード
  • 当日使うPCで受信可能なメールアドレス(アカウント作成のためにメールアドレス認証が必要です)

 

〜お申し込み方法〜

ハンズオンやってみたい!という方は、当日ハンズオンコーナーに直接お越しください。

受付はキーノート終了後の11:30から開始します。事前予約制となっているので、先にお席をブロックすることも可能です。座席は限りがありますので、体験を考えている方はお早めに✨

キャンセルが入った場合は会が始まった後も入れる可能性があるので覗いてみてください。

 

詳細はウェブサイトにも掲載してます。

www.discovery2019.soracom.jp

 

当日のハンズオン内容はハンズオンコーナーにてご紹介していますので、ぜひご確認ください。

 

皆様のご参加お待ちしてます^^

 

nao