SORAZINEは、世界中のヒトとモノをつなげ共鳴する社会をビジョンに掲げるIoTプラットフォーム SORACOMのメディアです。

日本発IoTスタートアップ ソラコムの「今」をお伝えします

3月のIoT記事まとめ

f:id:soracom-blog:20190405140223j:plain

みなさんこんにちは、ソラコム shokiです。春と花粉の気配を存分に感じる3月が過ぎました。この一月の間では、3/13にSRE Lounge #8、3/30にSORACOMUG 信州#6が開催されました。このイベントに触れつつ、今月もIoT記事をまとめていこうと思います。

SRELoungeの参加レポート

今回、ソラコムではSRE Lounge #8にてソラコムでの開発・保守体制を紹介させていただきました。ソラコムからのレポートはこちらで公開しているので、ぜひご覧下さい。→SRE Lounge #8 に参加しました! (SORAZINE)

IoTというよりは、分野問わずあらゆるサービスの開発や保守体制をいかにうまくやるか?という話です。IoTがハードウェアを売るだけではなく、連携するサービス、そしてその運用体制までも考慮しなければならないということを改めてアピールしておきたいと思います。インフラはソラコムが多くをサポートします😎

Podcast

ユニファ株式会社様によるif-up 2019の振り返り談義です。IoTプロダクトにエンジニアのエゴが(余計に)盛り込まれていないか・・・マーケティングの結果の本質は見えているのか・・・そしてタイトルの「世界一を目指すにはチームで」などなど、これからのプロダクトづくりに関して様々な談義がなされています。

if-up2019に参加してきました。

株式会社エーピーコミュニケーションズ様から、if-up2019の参加レポートを公開いただきました。こちらの記事も、非常に細かくセション内容をレポートいただいています。先のポッドキャストにも関連しますが、モノとソフトウェアだけでない、チームや熱意といったより広い視野での行動が「良いプロダクト」につながるのだということが、紹介いただいた記事からも強く読み取ることが出来ます。

SoracomのSMS SIMとラズパイを使ってiphoneとSMSの送受信をする

SIMを使って通信をする際には、ライブラリを利用した「いい感じ」なプログラムを組むことが多いかと思います。それでも、やはり自力でSIMの状態を細かく切り替えていく必要があることもあります。そういった(ある種の泥臭さも感じる)抜本的な手続きが気になる方はぜひご覧ください。 (記事の紹介を快諾いただきありがとうございます!)

インドネシアで SORACOM + LoRa を使いました。 - Qiita

インドネシアのジャカルタからSORACOMにアクセスいただきました!海外でも無事つながっているようで何よりです😊

soracom SIMで通信中のラズパイにSSHで接続する

デバイスに遠隔から接続したい場合、ソラコムでは直接アクセスが出来ないように作られています。セキュリティの担保にはなるものの、やはり接続ができる状況もほしいことがあります。SRACOM Gateを利用いただくことで可能になるほか、紹介いただいた記事のように一旦中継サーバーを経由する方法もあります。

【GCPUG】情シスが超アナログな自社製品のスマート化に挑んだ話 _20190323

3/23に行われたGCPUG(Google Cloud Platform User Groupe) in Shiga #2にて、JOHNAN株式会社様より、SORACOMを使った既存システムのIoT化事例を紹介いただきました。技術面にフォーカスするのではなく、課題設定から導入までの苦難といった、テクノロジー以外の部分の現場感が非常に強いお話です。導入(の導入)事例として、ぜひご覧ください。

#SORACOMUG 信州#6参加レポート

信州で開催されたSORACOM UG、JAWS-UG、TwilioJP-UGが共催のLTE-MButtonハンズオンイベントの参加レポートです。当日の賑やかな様子が沢山の写真とともに細かくかかれています!素敵な写真を沢山ありがとうございました😊

また、当日の様子はtogetterからも確認できます! まとめていただきありがとうございましたm( )m2019.03.30 SORACOM LTE-M Button powered by AWS ハンズオン@長野県上田市 まとめ

SORAZINEからの参加レポートはこちら→SORACOM UG 信州 x JAWS-UG Nagano x TwilioJP-UG 共催ハンズオンイベント参加レポート

WiresharkのCLIツール editcap でpcapファイルを加工する

ソラコムサービスにかかわらずネットーワーク系ではお世話になるパケットキャプチャリングですが、得られたデータを細かく確認するのは大変です。ある程度の加工がサクッとできるような、コマンドライン上での操作手順を紹介しています。

書籍「公式ガイドブック SORACOMプラットフォーム 」の執筆に参加しました

ソラコム takiponeによる、「SORACOM公式本」、公式ガイドブック SORACOMプラットフォームの紹介です。先日3/21に発売されたこの本は、単なるサービスの利用ガイドとしてだけでなく、アーキテクチャなどの運用構築にも使えるようになっています。リンク先では目次を載せているため、気になる方はぜひチェックしてみてください!


以上、3月のIoT記事まとめでした。今月は平成最後の月となってしまいます。平成最後を締めくくるような素敵な記事をお待ちしております!

ソラコム shoki