SORAZINEは、世界中のヒトとモノをつなげ共鳴する社会をビジョンに掲げるIoTプラットフォーム SORACOMのメディアです。

日本発IoTスタートアップ ソラコムの「今」をお伝えします

合宿2019レポート

みなさまこんにちは。ソラコムの山田です。今回は昨年に引き続き3月上旬に行われた合宿をレポートしたいと思います!

 

ソラコムはフルフレックス&リモートワークOKの自由な社風ですが、そのぶん、みんなが集う会議やイベントをとても大切にしています。

全社員参加型の会議は大きく分けて3つあり、それぞれ、毎朝、2週間に1度、四半期ごとの頻度で実施しています。中でも四半期ごとのQBR(Quarterly Based Review) は、過去3ヶ月のReview, Learning, Sharing, Planning, Feedbackの場として非常に重要な位置づけにあり、ソラコムのビジネスの根幹を支える会議と言えます。そして、今回の合宿は2018年度のラストQBRを1泊2日の合宿形式でやってきたというわけなのです。2017年度のラストQBRも同じく合宿形式だったので2年連続での開催となりました。

 

sorazine.soracom.jp

  

「今どき合宿!?昭和か!」と驚かれる方もたくさんいらっしゃるかと思いますが、そこがソラコム。実は社員の念願叶っての2年連続開催なのです。昨年の合宿の最後のセッションが終わったあと、「また合宿したい人〜?」とアンケートを取ったら、みんな「はーい!」と元気に手を挙げました。もちろん、今回の合宿のラストでも「また合宿したい人〜?」と聞いたら、みんな笑顔で「はーい!」だったので、きっと私は来年の今頃もせっせと合宿レポートを書いているのだろうなと思います。
みんなが会社や、会社の仲間を大好きなところがソラコムの一番の魅力と言ってもいいかもしれません。

ソラコム合宿2019


さて、今回はKDDI健保のご縁で会員制リゾートホテル「リゾーピア箱根」にお世話になりました。施設の設備は素晴らしく、サービスも行き届いていて、社員満足度もとても高かったようです。

昨年も素晴らしい施設とスタッフのみなさんの手厚いおもてなしに感激したのですが、こちらが不慣れだったため、後から「もっとああすればよかった、こうすればよかった」という反省がありました。全て挙げていくとキリがないので割愛しますが、今回は去年の反省から生まれた我儘をすべて叶えていただくことができました!本当に「リゾーピア箱根」のスタッフの皆様には感謝です。

 

「リゾーピア箱根」の最寄駅の中強羅までは、小田原から箱根登山電車と箱根登山ケーブルカーを乗り継いでようやく到着です。私を含め、登山電車に乗るのが初めてのメンバーも多かったので、きっと良い思い出になったことでしょう。幸い合宿の2日とも天候に恵まれたので、散歩がてら強羅駅−ホテル間を歩いたメンバーもいたようです。弊社の某CTOは新幹線を下車するはずの小田原を通り越し熱海まで行っていましたが(笑)、何とか集合時間の11時に間に合い時間通りにセッションスタートとなりました!

ソラコム合宿2019


Day-1のオープニングは恒例の「写真での2018年度の振り返り」から始まりました。ソラコムにはサポートエンジニア兼の専任フォトグラファーがいるため写真のクオリティが高く、面白い写真もたくさんあって笑顔あふれるスタートになりました。

その後は休憩を挟みつつ、Business Development、Sales、Solution Architect、Marketing、PR、Engineeringと以前にも増して詳細にわたるセッションを行い、US CEOからのUS Updateもあり、瞬く間に夕方になったように感じられました。

Day-1のラストは私達が一番大切にしているリーダーシップ・ステートメントを体現したメンバーを称えるセッションでした。毎回とても感動して、この会社に入ってよかったなと思わせてくれる素敵な時間なのですが、嬉しいことにメンバーも増え、でも時間は限られているため、全員を挙げきれなかったという残念な気持ちを多かれ少なかれみんなが持ったのではないかと思います。裏を返せば、リーダーシップ・ステートメントセッションにもっと時間を割きたいとみんなが思っているということが素晴らしいことなので、来年は時間配分を工夫したいなと思っています。

 

ソラコムの特徴の1つと思えるのがON/OFFの切り替え(と、その早さ!)だと常々思っているのですが、日中、プロフェッショナルな姿勢と視点で真剣かつ熱く議論したかと思えば、いざセッションが終了してナイトタイムに突入すると、結構な勢いでパーリーピーポーになります(笑)

美味しいお夕飯をいただきながら、LT(Lightning Talk)と呼ばれる短いプレゼンテーションで爆笑し、お夕飯後は約半数がカラオケで弾け、さらにその後は各部屋でゲーム等で盛り上がり、寝たのが午前3時を過ぎていたメンバーもいたとかいないとか…本当に元気ですね(苦笑)

 

SIMの製造、通称SIMを焼く 高付加価値SIMのご提案

eSIMは窯焼きが出来て便利 

 

Day-2の午前中は昨年に引き続きアンカンファレンスを実施しました。この短いセッションから実際に新しいサービスや社内オペレーションの改善などが生まれてくるのですから自社のことながら感心します。新サービスについては4月1日をどうぞ楽しみに!

 

今年のQBR合宿はDay-2午前中のアンカンファレンス終了後、ホテルでお昼ごはんを食べて現地解散となりました。

そう、お昼ごはん…自分でいうのもなんですが、今年はDay-1、Day-2あわせてトータル46名、昨年に比べ+15名が参加した中、大きな事故もスケジュールの遅延もなく、幹事としては大満足な結果でした。ただ一つ、1日目も2日目もお昼ご飯がカレーだったことを除けば…

これはもう秘書としては痛恨のミステイク!!「ああ、やってしまった…」と心底落ち込みました。変更したくても気づいた時には「時すでに遅し…」だったので、みんなに素直に報告したところ…


こんな優しさにふれて、それまでの苦労がサーーーっと消えてなくなり、がんばって準備して良かったな、当日もがんばってみんなに楽しんでもらおう!という気持ちになりました。いまでも時折この「カレー大好き!」を思い出しては温かい気持ちになります。

 

今回はソラコムの技術やサービスではなく、メンバーの人となりや会社の雰囲気を感じてもらえたら嬉しい限りです。

最後に、今年もライトペインティングをやりました!素敵な写真を共有して終わりにしたいと思います。お読みいただきありがとうございました。

ソラコム shuko